ホテルトヨタキャッスル

 

wine ワイン

菊ちゃんのワイン日記
第73回<2019.5.07>

シュベルニー・アンクロ・デュ・プティシアン
アルファ・ロワール

今月も旬の食材と食材に合ったワインをご紹介いたします。
5月の食材からピックアップ

 

アスパラガス

asparagus(英) asperge(仏)

ユリ科アスパラガス属

 

アスパラガスは地中海東部が原産とされるユリ科の植物で、地上に伸びてくる新芽の茎を食用とします。種を植えてから2年~3年経たないと収穫できるまでにならないのですが、その後10年間くらいは同じ株で次々と芽が出てくるそうです。グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違いは品種ではなく、栽培方法の違いで、ホワイトアスパラガスは芽を日に当てずに伸ばし、軟白栽培をしたものです。栄養素はグリーンアスパラの方が豊富で特に、アスパラギン酸というアミノ酸の1種で新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強に効果があります。ルチンも豊富で穂先部分にはフラボノイド色素の一種で、血管を丈夫に、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。今回は定番のアスパラベーコンにして気軽に旬の味覚とこのワインを合わせます。↓

シュベルニー・アンクロ・デュ・プティシアン

アルファロワール

 

フランス・ロワール地方ここは首都パリに近いながらも、広大な面積を有する一大ワイン産地

1000km近いフランス最長のロワール川流域で多くのワインが生産されていますが、古城が多く現存し歴史的な観光名所が並んでいる為、フランスの庭園と呼ばれるほどの風光明媚な地方。ロワールでも土壌の質はバラエティに富み、全体的にフレッシュで早飲みできるワインが多いものの、地域ごとに個性を活かした多様なワインが造られています。アルファロワール社は新進気鋭の生産者で醸造と熟成の場所を厳選し最適なワインを造り上げており、コンクールでもいくつもの賞を取るなど評価されています。

今回のワインはソーヴィニヨンブランとシャルドネのブレンドという中々見かけないブレンドの妙が素晴らしく、アスパラガスの青臭さのある香りにソーヴィニヨンブラン、ミネラル感のある引き締まった味わいにシャルドネと絶妙な組み合わせをみせています。ベーコンのコクもプラスしたお料理に、このワイン是非おためしあれ~

 

 

 

 

菊池ソムリエ

菊ちゃんこと、
シニア・ソムリエ、
ベネンシアドール・アフィシオナド
菊池剛のプロフィール

刈谷、名古屋のスペイン料理専門店で料理人としてキャリアを積んだのち、金山にある全日空ホテルズホテルグランコート名古屋 (現ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋)にサービススタッフとして入社、平成18年ソムリエの資格を取得。
平成21年より現在のホテルトヨタキャッスルにて勤務。この年にソムリエの上級資格であるシニアソムリエを取得。
またシェリー酒の資格であるベネンシアドール・アフィシオナドも取得しシェリーのパフォーマンスも行っております。
料理人とソムリエの二つの視点から料理に合うワインを提供しています。
それ以外にも国家試験である1級レストランサービス技能士の資格も持っております。

菊池ソムリエ

contact
お問い合わせ

お急ぎの方は、ホテルへ直接お電話ください。

項 目
お問い合わせ内容
お名前
郵便番号 -
ご住所
電話番号 - -
メールアドレス
メール確認用

〒471-0027 愛知県豊田市喜多町2丁目160番地
コモ・スクエア ウェスト